たんぽぽの花言葉にまつわるお話

たんぽぽ

写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)

たんぽぽの花言葉は、「解きがたい謎」。

なんと大それた花言葉でしょう?ありふれた空き地の雑草にして、この花言葉が付いた事自体が、解きがたい謎、のような気もしますね。

たんぽぽには、あれこれ調べてみると、他にも様々な花言葉が見受けられます。

ざっとあげてみるだけでも「思わせぶり」、「軽薄」、「神のお告げ」、「別離」、「愛の信託」、「飾り気の無さ」、そして「謎めく」・・・。

ひとつに、たんぽぽの種を吹き飛ばすことで占うヨーロッパの恋占いがその鍵なのかもしれません。

一息で吹き飛ばせばその恋は実るというもの。

種が少しでも残れば、相手の移り気が疑われてしまうそうですから、女の子達は顔を真っ赤にして、一生懸命に種を飛ばしたのでしょうね。

ご褒美には恋人の愛ではなく、新しい洋服が買ってもらえる・・という可愛らしい子ども向けのバージョンもあるようですが、種を飛ばされた後の茎よりも、ふわふわと漂ってどこへともなく飛んでいく無数の種たちの行く末のほうにこそ、謎をかけてみたい気がしないでもありません。

思わぬところに着地して、数奇な運命を辿る小さな種の冒険を、追って行けたらどんなに面白いことでしょう。

「解き難い謎」を花言葉に持つたんぽぽは、こんな花です

たんぽぽは、キク科、タンポポ属の多年草。

英名のダンデライオンは、フランス語の「ライオンの歯」より生まれた名前で、それはぎざぎざののこぎりのような葉っぱに由来するようです。

何とも不思議な発想だなあと思うのは筆者だけでしょうか。

日本名のたんぽぽも、お花ではなく種の房が綿を丸めて照る照る坊主のように作った「たんぽ」に似ていることから付けられたという説が通っているとか。

そんな、お花そっちのけの名前をつけられているたんぽぽですが、春の陽だまりに点々と咲く丸いたんぽぽの黄色は、他のどんな黄色のお花より暖かみのある明るいお日様のような黄色です。

豊かな花びらの房が、あの黄色の深みを作っているのでしょうね。

花びらの房といえば、たんぽぽの花、丸いお花が1つのお花ではなく、小さなお花の集合体ということは、学校で習ってご存知の方もいらっしゃることでしょう。

舌状花と呼ばれる花びらは、ごく細長い5枚の花びらがぴったりとくっついてひとつになってしまったもの。

見た目はたった1枚に見えるその花びらに雌しべ雄しべがセットになっていて、それがびっしり集まったのがあの丸いたんぽぽなのです。

飛ばされていく、ひとつひとつの種が、実は1つずつのたんぽぽのお花が結んだ大切な種なのですね。

ちょっと可愛そうですが、たんぽぽの花びらを1枚(本当は5枚なのですが・・)毟ってみると、根元に雄しべ雌しべとともに、将来あの落下傘になる予定の白い毛が、もう用意されているのが見られますよ。

理科の授業のようなお話になってしまいましたが、何とも不思議な自然の知恵というか、それこそ謎に満ちた素晴らしい生態ではないでしょうか。

たんぽぽといえば、日本に在来するたんぽぽに対し、増えてしまった西洋タンポポ。

以前は、在来タンポポが滅びるのではと懸念されていましたが、不思議と均衡を保っているという報告もあるようです。

それぞれ、好ましい生育環境が微妙に違うこともあるのでしょう。

その一方で、お互いに交配が進んだことで、がくの形などで判断していた見分け方が難しくなっているという話もあり、人の思惑をよそに逞しく生き延びようとしている植物の力を感じたりもします。

先にコーヒーの話をしましたが、冬の間も枯れずにロゼットを作り、太く力強い根を深々と地中に伸ばすたんぽぽは、逞しく滋養に富んだ植物でもあります。

生薬としても解熱や健胃の効果で有名ですし、西洋では昔から食用として少し苦味のある葉っぱをサラダなどにしてきました。

たんぽぽの根から作るコーヒーは、カフェインレスで刺激が無いだけでなく、体を内側から温める効果もあり、西洋でもハーブの一種として用いられてきました。

変わったところでは、アメリカの一部の地方で作られるたんぽぽのお酒があります。

レイ・ブラッドベリの同名の小説でご存知の方もいらっしゃることでしょう。

たんぽぽのお酒の中に、たった一度しかない12歳の夏の輝きを封じ込めていくという、ひとつの場面が題名になっているのですが、日常の中に散りばめられた宝石のような小さな出来事の数々が、瑞々しいタッチで描かれた、ブラッドベリの情緒的な魅力全開の作品です。

一度飲んでみたいものですが、私達にとってたんぽぽのお酒はなかなか口に入りそうもないので、とりあえず甘い香りのコーヒーはいかがでしょう?

たぽぽの花言葉から貴方を占うと・・・

時には他人に理解できない、不思議で独特な思考パターンをしてしまう人。

本人はそのつもりが全く無くても、他人には奇妙にうつる行動をとってしまったり、気付くと一人だけ別のことをしていたり。

謎めいた人の中には、それを好んでする人と、そのことで本当に悩んでしまう人の二通りがあるでしょう。

意図せず不思議を演じてしまうあなたは、あまり落ち込まなくても大丈夫ですよ。

そんな自分の事を嫌いにならず、大切に毎日を暮らしていれば、あなたの面白さに気付く人、波長のぴったり合う人が現れそうな予感がします。

自分に自信を持って!