ヒヤシンスの花言葉

ピンクヒヤシンスの花言葉はスポーツ、ゲーム。

ヒヤシンスの花言葉は花の色によって違います。

ピンクの花は、ギリシャ神話にお目見えする円盤投げが好きだったヒヤキントス少年にルーツをもつのだそうです。

ギリシャ生まれのピンクヒヤシンスは3月〜4月にかけて見頃を迎え、西洋百合を別名持ちます。

ヒヤシンスはベル状の花を穂のようにつける球根植物で、直径5〜6センチの球根から茎が伸びて、茎の高さは20から25cmほどに立ち上がります。

ピンク、青、白、紅色、黄色と色彩豊か&貴婦人を思わせるゴージャスなイメージで、上品な香りが人気を集めています。

日本に導入されたのは江戸末期の安政の頃といわれており、錦百合という和名で珍重されました。