アスターの花言葉にまつわるお話

アスター 花言葉 写真

写真撮影:青木繁伸(群馬県前橋市)

アスターの花言葉は、「信ずる恋」、そして・・・色も形も様々なアスターには、花言葉も「変化」、「互いに想う」、「追憶」、「さようなら」、「心残り」など、実に様々なものがあります。

色によって付けられたものもあるようですが、「あなたを信じている」、「私はそれを夢見ることができる」、「私の愛はあなたの愛よりも深い」、「あなたは私を愛するかしら」、なんていう辺りまでくると、まるでドラマの筋書きが浮かんできそうですね。

古くから品種改良が進み、赤、白、黄、ピンク、青、紫・・あらゆる色を持ち、形もポンポン咲きや八重咲きなど変化に富んだアスターゆえに、くるくると変っていく恋心の駆け引きや、いろんな心模様をうつし出すような花言葉がついたのでしょうか。

そんな気まぐれな恋も、互いに信ずることで本物の愛へと結実していくものです。

もちろん、お互いの努力が必要ですが!

「信ずる恋」を花言葉に持つアスターは、こんな花です。

アスターは、キク科、エゾギク属の一年草。

中国原産のお花なので、学名も Callistephus chinensis (中国のエゾギク属)となっていて、さらにエゾギクの Callistephus は、ギリシャ語の「美しい冠」を意味するそうです。

豊かな花びらをまとった端正な形のアスターを見ていると、冠にたとえられた事にも確かに納得です。

ところでこのアスター、英名でも China aster と呼ばれていますが、学名ではアスターは別属で、しおんなどを含むアスター属の総称なのです。

かつてはアスター属に含まれていたものが、現在は1種1属でエゾギク属に振り分けられたために、アスターの名だけが残ってしまいました。

実際はアスター属が宿根の多年草なのに対し、アスター=エゾギクは一年草で、花の姿も随分違っています。

そのあたり、申し訳みたいに anual aster (一年草のアスター)という別名の英名も持っています。

ヨーロッパやアメリカでも切花や花壇にと人気のアスターですが、ヨーロッパに初めて紹介されたのは、16世紀始め頃のこと。

ダンカルヴィーユというカトリック神父の手によってパリの植物園に種が送られ、そこから広まっていったのだそうです。

その後ドイツやアメリカで、管咲きや切花品種など様々な改良が進み、一方の日本でも、江戸時代の頃から多様な品種が生まれているので、同じアスターでもまるで違った印象を与えるお花が、世界中に存在しているのでしょうね。

そんなアスターにも、実はちょっと気難しい面もあるのです。

1つは暑さに弱いこと。

北海道などの寒い地方では元気に育つようで、エゾギク(蝦夷菊)の名も、そんなところからついたのでしょうか。

また、一年草のアスターには、一度種を撒いてお花を楽しんだ土には繰り返して育たないという、連作障害の性質があります。

花壇でアスターを植えた場所には、5年ぐらいは別のお花を植えてあげると良いようです。

アスターの花言葉から貴方を占うと・・・

移り変わっていく恋心、はらはらドキドキの連続で、ちょっと疲れてしまいましたか?大切な人の心を、ずっと繋ぎとめておきたいと、強く願えば願うほど、その心の奥で、愛はいつか終わるもの、長続きはしないもの・・そんな諦めが、ため息をついていませんか。

心配をしなくてもいいのです。

恋の心は、少しずつ形を変えながら、ゆっくりと本物の愛へと昇華されていくものです。

大切なのは、お互いを大切にする心です。

相手を疑ったり試したりするのをやめて、相手を思いやることを考えましょう。

それが伝わる相手なら、あなたが愛するに足る相手なのですよ。