あじさいの花言葉にまつわるお話

あじさい

あじさいの花言葉はうつろい、西洋あじさいの花言葉は移り気です。

どちらの花言葉も、花に含まれるアントシアニンなどの成分や土壌などの影響を受けて、あじさいの花の色が移り変わっていくためにつけられた花言葉だと考えられます。

うつろいを花言葉に持つあじさいはこんな花です

うすい青や赤など多彩な花の色をもつあじさいは、その花言葉のように花の色がうつろいやすい、雨がよく似合う花です。

庭先で咲くあじさいは手毬花という別名に相応しく、全体的な花の形は球形ですが、これはヨーロッパで交配を重ねた結果つくられた改良品種。

あじさいはもともと日本に固有の花でしたが、その形はがくあじさいとよばれているように、花弁の周囲にひし形の額がついたもの。

この日本のがくあじさいが欧州大陸に渡って、見栄えがするようにいろいろな花と交配が繰り返されて、現在のような西洋あじさい(ハイドランジア)になりました。

原種のあじさいも青や紫が美しい花をつけますが、西洋あじさいは花の大きさが一回り大きくて、花の色合いも一段と深まって風情があるのが特徴です。

花びらの形にもさまざまな特徴があり、フリルのような形をしたものや帆立て貝の貝殻のようにスカラップ調のもの、違う色が花の外周に入り、縁取られているかのように見える覆輪のものなど本当にバラエティー豊か。

あじさいにはアントシアニンが含まれており、土壌条件や開花日数などの影響を受けて、花言葉にもあるとおり、花弁の色が様々に変化していきます。

あじさいが七変化とよばれている所以もここにあるのでしょう。

あじさいは、中国経由でヨーロッパに渡来しました。

なお、真偽のほどは明らかではありませんが、あじさいに漢字をあてて紫陽花と書きますが、これは楊貴妃を謳った長恨歌で名高い白楽天が別の花につけた名前だといわれています(一説によればライラックだとか)。

あじさいの花言葉から貴方を占うと・・・

あじさいの花の色が様変わりしていくように、貴方の心も移ろいやすく同じ所にとどまってはいられない性分のようです。

周りの変化についていける順応性は素晴らしいのですが、いつも押されっ放しというのもよくはありません。

こちらから相手を変えるような強い気を放つことも時には必要でしょう。